SoulDyna

新型コロナウィルスの感染拡大予防のとりくみ

Soul Dyna(ソウルダイナ)では、新型コロナウイルスの感染予防のため、ステージ、バーカウンター、チケットブースに透明シートを設置しました。
また客席内は、お客様同士が近接しないようテーブル・イスの間隔を以前より広く配置しております。
さらに高性能空気清浄器3台、アルコール除菌、頻繁の換気などして、感染の拡大防止に細心の注意を払い最善を尽くしております。
2021年2月より加湿器も追加設置いたしました。

公演にお越し下さるお客様におかれましても、マスクのご準備、手洗い、うがいなど、感染防止策へのご理解とご協力を頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

詳しくはこちら >

新型コロナウィルスの感染拡大予防のとりくみ 新型コロナウィルスの感染拡大予防のとりくみ
新型コロナウィルスの感染拡大予防のとりくみ 新型コロナウィルスの感染拡大予防のとりくみ

[重要]駐車場変更のお知らせ

Soul Dynaの駐車場は、2021年10月より変更になりました。
以前までの駐車場はご利用できませんので、お間違えのないようよろしくお願いいたします。

毎月第4土曜日はビートルズナイト

Soul Dynaでは、毎月第4土曜日を「ビートルズナイト」としてライブイベントを行っています。
ライブ出演バンドも随時募集していますので、ご参加いただける方は是非ご連絡ください。
【SoulDyna 高瀬まで】
電話/FAX:058-240-7999 Mail:souldyna_takase_0707@yahoo.co.jp

2022.1.19.水

SoulDyna Session Night

毎月第三水曜はセッションナイト!
オールジャンルセッションです
お気軽にお越しください

Op/St19:30
エントリーフィ:¥1,700 見学無料 ※いずれも入場時ドリンク¥500必要


2022.1.22.土

Beatles Night - 4th Saturday Regular Live -

第4土曜日はビートルズナイト!

【出演】
★The BASICS
★The B Friends

Op18:30 St19:00
Charge \1,700 ※別途ドリンク\500必要


2022.1.23.日

貸し切り


2022.2.6.日

Scramble Night Special Live

Guest:たなかはな
【出演】
★GYPSY WIND (フュージョン TRIXカバーバンド)
★Banchan&Shuhei (弾き語り)
★Yoshie (弾き語り)
★たなかはな (演歌歌手)
★HTN (弾き語り)
★詩華 (イエローモンキーカバーバンド)

たなかはな・プロフィール

北海道石狩市に生まれる。
幼少期、祖父母の前でソファーをステージにして演歌を歌うことでお小遣いをもらえることに味をしめ、将来は演歌歌手になる夢を持つようになる。
13歳、テレビ北海道 TVHのオーディションに合格し情報バラエティー番組「はぴらぴ」のレギュラーレポーターを1年間務める。
16歳、北海道在住の演歌歌手「横内じゅん」先生の元に弟子入りし、師匠の道内一周キャンペーンなどに同行しながら修行の日々を送る。
17歳、NHKのど自慢に出演。合格する。18歳、初の来京。演歌歌手水森かおりさんのカラオケ大会出場。その際、のちに弟子入りすることになる編曲家「伊戸のりお」先生と出会う。
19歳、上京。上記「伊戸のりお」先生に弟子入りをする。運転手などをしながら修行をする。
21歳、独立。

その後、都内ライブハウスなどでライブ活動、病院・福祉施設などで慰問活動をしているおり、先輩歌手の勧めで出場したカラオケ大会で準優勝を果たし、副賞として「二人花」「夢みるエンジェル」二曲入りシングルCDを全国発売し、都内と台湾でレコ発ライブを開催する。
2020年、北海道の師匠との道内キャンペーンの経験が忘れられず、「自分も演歌で日本を旅したい」という想いが募り「日本一周演歌旅」を計画、実行に移した矢先、コロナウィルスにより一時断念。
2021年、配信アプリ内のコンテストで準優勝を果たし、副賞として横浜アリーナで開催されたイベントに出場する。
その勢いのまま、クラウドファンディングを利用し機材車を購入、ファンの皆様の声援を受けながら2021年4月~10月にかけて中断していた「日本一周演歌旅」を再開。
同時にサブスクリプションでのみ発売済みだった「にっぽん全国かっぱ祭り」、横内じゅん先生作「かっぱの旅がらす」収録の両A面シングルCDを自主制作。
2021年4月8日東京を出発した日本一周演歌旅、13県目の長崎県の離島、壱岐に滞在のおり、先の目的地での緊急事態宣言を考慮し、宣言解除まで壱岐での長期滞在を余儀なくされるが、各地でのライブ活動や毎日のラジオ出演などを通して島民の方々に絶大な支持を受ける結果に。

同年6月後半から日本一周演歌旅再開。故郷の北海道では1ヶ月にわたり道内を一周。誕生イベントとして札幌時計台にてコンサートを開催。
同年8月後半、各地での緊急事態宣言を受け、再び旅の中断を決断。10/16の二度目の壱岐渡島までの2ヶ月間、決まっていたほとんどのイベントがなくなり無収入になり、毎日もやしを煮て食べる生活を送る。
二度目の壱岐渡島から日本一周演歌旅を再開。壱岐イルカパークのテーマソング、新曲「どるふぃんさんば」を歌いながら1ヶ月間を島で過ごしている中で、島民の皆さんの熱烈な観光大使への推薦が署名活動に発展。二週間ほどで1000人の署名が集まる。
同年11月、キャリア初となる大規模な野外フェス「COMING KOBE」に出演。無名の新人ながら「人と防災ステージ」の大トリを務める。
11/15に壱岐を離れ、九州一周、沖縄、与論島、山陰でのコンサートを終え、2022年残す関西、関東近県の10都府県で47都道府県全ての道程を終了予定。
2022年2/23(水・祝)、下北沢ろくでもない夜にて旅のグランドフィナーレを迎える。
2022年3月に初のオリジナルフルアルバムを発売予定。

Op16:30 St17:00
Charge \2,000 ※別途ドリンク\500必要


2022.2.12.土

Char Night

Coming Soon


2022.3.6.日

3 Sides Live ~未知標 リリース・ツアー2022~
3 Sides

【3 Sides Live Short_Profile】
養父 貴(Gt)、岡田 治郎(Ba)、小森 啓資(Dr)
2019年、ドラマー・小森啓資の声掛けで結成。シンプルで気軽に愉しめる大人の音楽にこだわり、気心知れた仲間で奏でる「 City Pop 」なインストゥルメンタル・バンド。
2021年5月、VMEより1st アルバム「未知標~Michishirube~」をリリース。全国15ヵ所のツアーを行い各地で称賛される。
デイヴ・グルーシン、ウィル・リー、リチャード・ボナ等との共演が光る燻銀のギタリスト養父貴、プリズムをはじめ、難度の高いインストゥルメンタルから平原綾香までをサポートする低音の名手・岡田治郎、そしてケンソー、野獣王国から薬師丸ひろ子まで幅広いジャンルをグルーヴさせる叩道家・小森啓資。
この3人ならではの、無駄を削ぎ落とした大人のネオ・シティポップ・インスト・バンド「3 Sides Live」のレコ発ツアー開催決定!

3 Sides

未知標~Michishirube~
1.What Do You Think of
2.Smooth Out
3.Med’ Eight at Midnight
4.The Giver
5.Reindeer Waffles
6.Nightcrawler
7.Prayer
8.Flower
9.Blue Moon
10.Path in Life

3 Sides

【小森 啓資(Dr) Profile】
19歳の時に「難波弘之 & SENSE OF WONDER」のエキストラでプロ・デビュー。以後、1984年よりスタジオ・セッション・ドラマーとして、嵐、大江千里、松田聖子、広瀬香美、古内東子、薬師丸ひろ子、葉加瀬太郎、熱帯JAZZ楽団等のツアーやレコーディングに参加。スティーヴ・ヴァイやフランク・ギャンバレ等とも共演。

バンドでは、Sense Of Wonder、野獣王国、KENSO、TRI-Offensive などで活躍。
最近はテクニカルな方向ではなく、シンプルで無駄を削ぎ落としたグルーヴ・スタイルのドラミングを心掛けている。

【岡田 治郎(Ba)_Profile】
1994年 高橋真梨子のツアーに参加し、ヘンリーバンドのメンバーを15年間勤める。「INFINITE CIRCLE」に参加。
2000年、2002年に2枚のアルバムをリリース。
1999年 「WISIWYG」に参加。
1997年と2002年に2枚のアルバムをリリース。
2000年 洗足学園音楽大学ジャズコースの講師を勤める。「鈴木禎久パンバニーシャ」に参加。
2003年と2004年に2枚のアルバムをリリース。

2001年 「PRISM」に加入。「Junky Funk」「Line Drive」に参加し、「Line Driv」は2005年アルバムを発売。「Junky Funk」も2006と2008年に「変ビート」という新しいリズムを使ってスタンダードジャズアルバムを2枚、プロデュースして発売。
2009年 「平原綾香」ツアーに参加。「Tri-Offensive」でアルバムリリース。

[最近参加したCD]
矢堀 孝一/You were There、 Lu7/3395、北川 とわ Trussonic/Mind Universe、上野山 英理/Ciconia、Daisuke Kunita/abstract/pop、tail wind/IN PRAISE OF SHADOWS、季子/cinema 等

3 Sides
3 Sides

【養父 貴/ようふ たかし(Gt)_Profile】
1988年に渡米しバークリー音楽院に入学、ギターと作・編曲を学ぶ。帰国後は楽器メーカーのデモンストレーターとしてプロ活動をスタート。その後は主にJazz、Fusion系のバンドに参加しCDをリリース。
2009年からは渡辺貞夫グループに参加。同グループ・メンバーとしてラッセル・フェランテ(key)、ピーター・アースキン(Ds)、リチャード・ボナ(B)等とも共演。国内のみならず海外各国のジャズ・フェスティバルでも演奏している。

その他、デイブ・グルーシン(P)、ウィル・リー(B)、アダム・ホルツマン(Key)、伊東たけし(Sax)、倖田來未、鈴木雅之、上田正樹、mihimaruGT、SEAMO、相川七瀬、等のアーティストのレコーディングやツアーにも参加。J-Popから Jazz、Fusionまで、ジャンルの垣根を越えた幅広い活動を行っている。

2005年に1stソロ・アルバム『Feelin' Right』を発売。音楽関係紙への執筆も多く、リットーミュージック社より教則本『ギタリストのための全知識』『ギターで覚える音楽理論』を出版、好評を博す。
「養父」という珍しい名前のルーツは福岡県

Op18:00 St18:30
料金:(前) ¥4,500- (当) ¥5,000- ※別途ドリンク\500必要
前売りチケットWEB予約(高瀬まで):souldyna_takase_0707@yahoo.co.jp


2022.3.12.土

Scramble Night

↓カイザーギドラNEO

【出演】
☆Spanky Shot
☆HTN
☆天真爛漫
☆K-Band
☆カイザーギドラNEO (Dr.吉田 隆幸 Gu.井上 人彦 Ba.中村 圭志 key.鵜飼 直子 Vo.神戸 美香)

Op17:00 St17:30
Charge \1,700 ※別途ドリンク\500必要